2021年2月14日(日)全国大会オンライン開催!

FacebookボタンTwitterボタンLINEボタン
お問い合わせ

愛知大会

この大会は終了致しました。ご声援ありがとうございました。

優勝:東海高等学校「鉄壁」チーム

全国大会出場者自己紹介

チーム名 鉄壁
学校名 東海高等学校
氏名 西原 大基 滝川 喜彬
自己PR 自分は小さい頃から不動産会社を経営する父親の影響もあり、お金の流れについてある程度の興味がありました。小学生の時、家族で旅行した際にガソリンスタンドによりました。父は最近はガソリンが高いと呟きました。そこで西原少年はなぜ、同じものを買うのに値段が違うのかを不思議に思い父に尋ねました。すると、「みんなが欲しがると・・・」と需要と供給の関係を説明してくれました。このように無意識に小さいうちから知識を付けていきました。また、父とよくこの店はなぜこの立地に、誰を対象に営業をしているのか?駐車場の数は?回転率は?などについて話したことをしたことを覚えています。大きくなってそれはマーケティングについての会話だと気がつきました。このようなこともあり、成長するにつれ自分自身で企業のマーケテイングを考えるようにもなりました。
僕の座右の銘は「ニーズに応える」です。いかにして相手の必要に応えるか、相手は自分に何を求めているかを考えて行動するようにしています。僕はコミュニケーション能力が人一倍あります。プレゼンやスピーチをする際にも面白い話をするのか、理論的に話すのかなど、聴衆が何を求めているのかを意識することで発表を成功させることができます。消費者の需要にこたえるために企業はマーケテイングを行います。この「ニーズに応える」はマーケティングにおいて最も基本で重要な事です。需要と供給という点で経済の基本であるともいえます。「ニーズに応えたい」僕にとって経済を学ぶことは必要不可欠になっていきました。そんな時、学校でたまたまポスターを見かけ調べてみるとまさに僕のニーズに応えた大会だと思い、頭脳明晰で親友の滝川君を誘い出場を決めました。愛知大会は学校の試験前日ということもあり、準備が充分とは言えませんでした。全国大会では100%で臨むつもりです。全国大会は激しい戦いになるとは思いますが僕たちなら優勝できると思うので頑張りたいです。
最後になりましたが、今年はコロナでいろいろと大変な中でこのような大会を開いてくださったことを感謝いたします。
自分の将来を案じている時、経済知識を付けたいなと2020年9月くらいから思い始めました。
この大会に参加したのは、西原君が出ようと誘ってくれたので、いい機会だと思い、参加を決意しました。
短い期間で経済知識を付けるのは本当に大変でしたが、その大変さを上回るほどの喜びと達成感が「親友との地方大会での優勝」にはありました。経済を勉強しだしたのは僕は遅いですがそれでも全国大会に優勝出来ると思うので、頑張りたいです。

主催

blm_aichi

開催日時

2020年12月13日(日) 受付時間 13:00 開始時間 13:30〜

会場

特定の会場はありません。
インターネットにて開催します。
(自宅や学校など、参加者がインターネットに接続・閲覧できる環境が必要です。)

参加対象

愛知県

募集チーム数

50チーム100名 エントリー締切日:11月29日(日)
応募は先着順です。
上記チーム数に達した場合は、応募を締め切ります。

▲ TOP